葬儀の後返し到着後に故人を偲ぶ

最近の葬儀に参列したことがある人の中には、当日に香典返しを渡された経験がある人もいるでしょう。これを即日返しとか当日返しといい、伝統的な後返しとは異なるやり方です。しかし、この方式の場合はだれがいくら香典を包んだのか分からない葬儀の段階での対応になるわけですから、全員に同じ品を渡すことになります。

それでは高額の香典を包んだ方に対しては返礼のバランスを欠くのではないかという考え方もありますので、別途忌引明けに返礼品を贈ることになるのが一般的です。この即日返しという香典返しと会葬御礼は葬儀会場において混同されがちですが別のものです。

遺族にとっては葬儀後に後返しの作業を進めるのは気苦労もありますが、後返しの作業自体が改めて故人をしのぶことにもつながります。また故人の冥福を祈って参集していただいた会葬者へ感謝を込めて丁寧なお礼の形を示すという意味合いでは、後返しはわかりやすい選択肢です。難しいことは後返し業者と相談しながら進めることもできるため、困った時には信頼できる後返し業者を探しましょう。

香典にしろ香典返しにしろ、日本の庶民生活において伝統的な相互扶助の意味合いが強かったしきたりですし、合理性だけでは決められない面があります。人の暮らしの広域化、グローバル化が進む中で香典返しについてもいろいろな考え方が出てきましたが、葬儀からしばらく経って会葬者の自宅にお礼状とともに香典の後返しの品が届けば、改めて故人をしのぶことができます。そういう情緒的側面を大切にするのは人としても大切なことだと言えるでしょう。